【コラム全二回】「食中毒」発生メカニズムとHACCPへの取り組み 第二回

名称未設定 2

飲食ビジネスなどにおいて、「食中毒」の発生は致命傷になりかねません。 しかも、自分の目の届くところをいくら監視強化しても、複雑なサプライチェーンのどこから侵入してくるか分かりません。

 

 

この食中毒攻撃に対する備えとして、少なくとも自分の守備範囲においては温度管理されていることを証明できることが重要です。
そして、この温度管理が適切であることを証明するにあたって、温度制御手段をいくら説明しても証明にはなりません。

すなわち、最新鋭の高性能設備を使用して、それを適切な手順書に基づいて、ベテラン作業者が温度管理を実施したと主張しても、 適正な温度であったことの証明にはならないのです。
これを証明できるのは、温度制御システムとは独立した手段で、シンプルに温度を測定記録したデータを示すしかありません。 データーロガーは、この「温度管理の適切性を証明するという使命」を果たすために生まれてきました。
例えば、標準価格7,800円のデーターロガーを置いておくだけで、直近3カ月のデータを常に確保することができます。 

すなわち、万一が発生した時に、直近3カ月のデータに基づいて、冷静に対応できます。 もちろん、毎月データを確認して、システム全体の予防保全を実現することも可能です。

ランニングコストは、年に1回、通販で購入できる180円のコイン電池を交換するだけです。 また、お客様用エビデンスレポートを印刷したり、クラウドに接続したりするソフトも無償提供されます。
食中毒対処法には、いろいろなことが考えられますが、 まずデーターロガーを導入することを、実現性のハードルが、それほど高くない賢明な対処法のひとつとして推奨いたします。

HACCP向けデータロガーの詳細は弊社ホームページをご覧ください。

カテゴリー: コラム パーマリンク