温度・湿度を知る事で〇〇できる!?

インフルエンザが流行っています。

弊社の営業担当も年末に2人インフルエンザにかかってしまい寝正月を余儀なくされました。

予防していても感染してしまうのがインフルエンザです。

そこでインフルエンザになりにくい温度・湿度はあるのだろうかと検索してみると下記のサイトがヒットしました。

室温・湿度管理でインフル予防 20度以上、50~60%が理想

>「インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み、高温多湿に弱い」

>「温度20度以上、湿度50~60%で空気中での感染力が下がる」

この時期、外の気温は20度以下ですし、建物も場所によっては20度ありません。これに人がプラスされるわけですからより、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

データロガーがあれば温度・湿度をロギングすることが出来ますので現状を知ることで

ある意味インフルエンザ予防になるのではないでしょうか。

いや…ならな、なります!成増は東武線!

 

ビタミンをとって「今日も一日がんばるぞい」の精神で毎日過ごしましょう。

カテゴリー: 営業日誌 パーマリンク